Read Article

説明型商品は誰が売る?

who

 

 

「大型店にお客さんをもって行かれた」

「人の流れが大型店に向かうようになって・・・」

「今はどこでも、インターネットで安いからね~・・・」

 

地域店経営者の方からよく聞かれる声(愚痴?)です。

確かに今の時代は、大型店やインターネット主流かもしれません。

 

でも私たちは、そこにこそ、地域店にとって大きなチャンスがあると考えています。

ちょっと視点を変えてみましょう。

 

とあるメーカーの社長になったと思ってください。

そのメーカーが作っている商品は健康機器です。

 

そのメーカーの商品の、ひざに着けるサポーターは、

ひざが痛い人が、その商品を使うと、およそ8割の人が効果を感じられます。

痛みが和らいだり、なくなったりします。

 

購入されたほとんどすべての方は大満足されている、

商品の品質、効果は自信を持って販売できる商品です。

 

ただ1つ、その商品を販売する上で問題点がありました。

それは、「説明しないと売れない」ということ。

 

量販店の棚に並べておくだけでは、

いくらPOPを工夫したとしても、ほとんど売れない商品なんです。

 

さて、あなたは、そんなメーカーの社長として、この商品をどうやって売りますか?

 

今の流通の主流である、大型店・量販店は、

もともと、お客様に自分で商品を選んでもらうことが前提の、セルフ型の店です。

大型店・量販店は、「売るのに説明が必要な商品(説明型商品)」を売るのは苦手です。

 

では他に、どんな流通があるでしょうか?

 

1つは、通販という手がありますね。

通販でも、1つ1つの商品をしっかりと説明できる通販。

 

でもそういった販売力・説明力のある通販会社に商品を取り扱ってもらうのは、かなり狭き門です。

 

自社で通販を立ち上げるという方法もありますが、

そのためには、人、モノ、金、ノウハウなど、様々な経営資源が必要です。

 

それに、通販で実際にモノを買う人は、やはり一部の人に限られます。

また、通販では売りにくい商品っていうのもあります。

やはり店舗流通を考えたいところ。

 

店舗で、大型店のように売場に並べるだけではなく、

お客様に対して、商品の良さ、商品価値、使い方などを

しっかりと伝えてくれる、そんな流通があるでしょうか?

 

百貨店はどうでしょう?

今、百貨店でそういた商品を売ってもらうとすると、

多くの場合、販売員を派遣しないといけません。

そうすると人件費がかかりますし、催事の時だけの一時的な販売となります。

 

このように、今の日本には、

本当に良い商品なんだけど、売るためには説明が必要な商品」を、売ってくれる流通がないんです。

 

今の日本の流通は、

大型店・量販店や通販に偏りすぎていると思いませんか。

 

本来、メーカーが良い商品をつくって、

その商品の価値をお客様に伝えることこそ、流通業の役割だったはずです。

 

その役割が、非常に弱くなっていると思いませんか?

流通業全体として、モノを流通させるだけ、モノを届けるだけの役割になっていないでしょうか?

 

ここに、大きなチャンスがあるんです。

 

「商品が本来持っている価値が、お客様に届かない」

それが今の流通の現状だと思います。

 

説明型商品の、商品価値をお客様にしっかりと伝えられる流通。

そんな流通が、今、求められています。

 

そしてそれができるのは、大型店・量販店ではありません。

まさに地域店の得意とするところだと思います。

 

このように考えると、時代は今、地域店を求めているんです。

 

 

Next >> ネット販売禁止の時代

Return Top