Read Article

しあわせの製造業

happy

 

「ためしてねっとって、早い話が卸売りですね。」

事業の説明をした時、そう言われることがあります。

 

いやいや、そうではないんです。

商取引の面では、卸売業のようになりますが、ちょっと違うんです。

 

そもそも、「モノ」が売れない時代と言われる今、

単にメーカーから「モノ」を仕入れて、利益を乗せて小売店に卸す

という事業に意味があるんでしょうか。

 

私たちは元々「卸売業」が本業ですので、その点については、ずっと前から真剣に考えています。

 

モノが不足していて、買いたい人がたくさんいた時代は、

メーカーから仕入れて、適切な店に、適切な量を、適切なタイミングで卸すことに意味があった時代です。

モノを売れる場所へ動かすことで、収益が上げられた時代です。

従来の「卸売業」に存在価値があった時代です。

 

時代は変わって、今、モノを単に移動させても、

メーカーの倉庫にあるか、問屋の倉庫にあるか、小売店の棚や倉庫にあるかの違いだけ。

 

モノがどこにあろうが、置いておくだけじゃ売れない時代です。

 

だから、モノを「仕入れて卸す」ことには、意味がない時代だと思うんです。

あっ、あくまでも僕の個人的見解ですよ。

 

じゃあ、僕たちがやっている事業は何なのか?今の社会で意味があるのか?

これはとても深~い質問だと思うんですが、僕たちは次のように考えています。

 

「●●という商品があって、Aさんという人に買って使ってもらったら、Aさんが今までより幸せになれる」

という『モノと人の組み合わせ』があったとすると、その組み合わせをつくること、つながるべきモノと人をつなぐことが、流通業の仕事・役割だと考えています。

 

流通業各社が、その「モノと人の組み合わせ」を、

店頭でつないだり、テレビを通じてつないだり、

インターネットでつないだりするわけですが、

 

モノも情報も溢れていて、

Aさんが大きなショッピングセンターに行っても、

どれが自分とつながるべきモノなのか分りません。

テレビ通販や楽天を見ても、よく分りません。

 

そういう人が少なくないと思います。

 

そんな時、Aさんと強いつながり・絆を持っている、Aさんが住む地域のお店があれば、

そのお店を通じて、つながるべき商品を、教えてあげることができるんです。

 

地域密着の小さなお店は、今の時代、そういう役割が担えるし、そういう期待もかかっています。

 

ためしてねっとは、そのための支援をする、サービス業だと思っているんですが、そんな事業が、

経済産業省のモデル事業に選ばれるということは、国が地域のお店に、そういうことを期待しているということです。

そういう方向へ、社会が変化していくべきだと思っているということです。

 

話を元に戻しますが、今の時代に、

単にモノを仕入れてお店に商品を卸すだけでは、意味がありません。

 

それでは、「つながるべきモノと人」がつながりません。

 

「つながるべきモノと人」がつながるために、その商品の価値を分りやすく見えるようにして、

それが伝わりやすい工夫をして、届けるべき人に届けられるお店に提供するんです。

 

そしてまずは、その情報を届けてもらって、安心して買ったり試したりできるようにして、初めて、つながるんです。

 

手間ひまかかるようですが、そうじゃないとつながらない「モノと人」の組み合わせが多いんです。

 

そしてそういう組み合わせこそ、つながったらとても喜ばれるんです。

そこで、「しあわせ」が生まれるんです。

 

買った人にも、売った人にも、つくった人にも、幸せが広がるんです。

 

それが、ためしてねっとという事業を通じて、僕たちがやろうとしていることです。

地域のお店の皆さんと一緒に、目指しているビジョンです。

 

この話は、延々と書き続けることができるくらいに、

深~いテーマなので、今日はこの辺にしておきます。

 

まとめです。

 

【笑売繁盛のルール】

これからの流通業は、モノを売るのが仕事ではない。

モノを通じて、幸せを作り出すのが仕事である。

流通業とは、「お客様のしあわせ製造業」である。

Return Top