Read Article

ユーザー像の具体化とは。

こんにちは。

今日は少しマジメに、マーケティングのお話です。

 

ご商売をする中で、
「この商品はこんな人に」というターゲット層が
なんとなくでもあると思います。

今回のお話は、ターゲットの顧客を仮の人物像に仕上げることによって、
商品やサービスを提供する側がその顧客イメージを共有できることに
大きなメリットが期待できる

「ペルソナ(persona)」

という概念。

 

例えば、今まで普通に考えられてきたのは
男or女
年齢
居住地
居住形態
家族構成
などなど、割とおおざっぱな括りです。

 

それを、ペルソナの考え方では、仮に女性を軸に考えてみると
「時代をとらえる特徴的女性像」として

・Single(就業・子どもなし)
①シングル(アラサー、未婚)
②シングル(アラフォー、未婚)
③シングル(アラフィフ、生涯シングル予定)

・Single Mother(就業・子どもあり)
④シングルマザー(アラサー、非正規)
⑤シングルマザー(アラフィフ、正社員)

・DINKs(共働き・子どもなし)
⑥DINKs(アラサー、正社員、子どもは未定)
⑦DINKs(アラフィフ、非正規、子なし確定)

・DEWKs(共働き、子どもあり)
⑧ワーママ(アラフォー、正社員、子どもあり)
⑨ワーママ(アラサー、非正規、子どもあり)
⑩+トリプルケア(高齢出産による子ども・自分・親ケア)

・SINKs(専業主婦・子どもなし)
⑪専業主婦(アラサー)

・Sahm’ers(専業主婦・子どもあり)
⑫専業主婦(30代、子育て中)
⑬専業主婦(40代、子育て中)
⑭元専業主婦・ワーキングシニア(60代、夫退職、妻パート)

まだまだ細かく分けることができると思いますが、
このように、成人女性マーケットの代表的な消費者像を細かく設定し、
具体的に人物像を形成することによって
タイプ別の細かいマーケティングができるようになります。

象徴的なキーワード、価値観、購買欲、問題点などなどを挙げていくと
従来のおおざっぱな括りのターゲット像では分からなかったことが可視化されてきます。

 

これからの時代、男女の区別、働き方、家族の在り方などが
どんどん多様化していくことは、みなさんお分かりですよね。

そんな時代に則って、商売の仕方、在り方もどんどん変化させていく必要があります。

 

でもそれは、根本的なみなさんのコアとなる精神「WHY」の部分ではなく、
「HOW」や「WHAT」の部分です。

 

先代からの伝統のいいところは引き継ぎつつも、
例えば顧客のペルソナによってLINEを使ったりファックスを使ったり、
提案する商品を変えてみたりすることは、
きっとご自身の商売の面白さが倍増していくのではないかな、とも勝手に思っています。

 

既存の顧客をパーソナライズ(ペルソナ化、具体的な人物像を作ること)してみることで、
どんなタイプの方が多いのか、また少ないのかが分かってきて
興味深いと思いますよ。

 

というわけで、マジメに語ってしまいましたが
たまには、ね(笑)。

Return Top